いつまでも自分の歯で、おいしく、楽しく、美しく

>

歯周病のステップ

歯肉炎と3段階の歯周炎

一般的に歯周病は、歯肉炎と3段階の歯周炎というステップを進みます。
問題のない状態からどのように症状が進行するのか見てみましょう。

通常
歯ぐきがピンク色で歯との間に隙間があいていません。
歯を磨いている時の出血もありません。

歯肉炎
歯ぐきは炎症を起こして赤く腫れ、歯との間に歯垢がたまっています。
歯を磨いている時に出血することもありますが、痛みはありません。

歯周炎1
歯ぐきの腫れがひどくなり、歯周ポケットが深くなっています。
見えないところでは、顎の骨が歯周病菌によって溶け始めていますが、痛みはありません。

歯周炎2
歯ぐきの腫れや歯周ポケットの深さが進行しています。
見えないところでは、顎の骨は半分ほど溶けています。
歯のグラつきが出始めます。
歯茎からは出血と、歯との間から膿が出始めます。

歯周炎3
顎の骨がかなり溶けているため、葉のグラつきがひどく、歯が抜けることがあります。
痛みがでて食事がしづらくなります。

歯周病の可能性のある症状

見てきたように、歯周病の初期にはほとんど自覚症状がありません。
しかし、歯周病になっているかもと思われるサインはあります。
以下の症状を見てみましょう。

・歯ぐきからの出血・・・歯みがきや食事の時
・歯ぐきの違和感、むずがゆさ
・歯ぐきからの排膿
・歯がしみるように感じる
・口臭・・・病的口臭(野菜や魚などの生ごみが腐ったような臭い)
・口内のネバつき
・歯が長くなったように見える・・・歯周病菌によって歯ぐきが覆っている顎の骨が溶けるため
・歯のグラつき・・・歯を支える顎の骨が歯周病菌によって溶けるため
・歯間に食べものがはさまったり詰まったりしやすくなる

これらの症状が一つでもあれば必ず歯周病というわけではありません。
他のことが原因で起こる症状でもあります。
それでも複数あてはまる場合は、医師に診てもらいましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る