いつまでも自分の歯で、おいしく、楽しく、美しく

どんな症状を歯周病と呼ぶ?

日本は歯周病治療後進国?

よく聞く「歯周病」とは何でしょうか?
歯を支える周囲の歯ぐきや骨に歯周病菌が感染して、進行すると最終的に歯が抜け落ちてしまう病気です。
日本人の場合、40代以上では70%、50代以上では約90%の人が歯周病と言われています。
8020運動が始まって久しいのに、これ程の人が依然歯周病をわずらっているのは何故でしょうか。
理由のひとつは、これが初期症状のほとんどない、知らない間に進行する病気だからです。
もうひとつは、ケアの仕方や予防が正しくないということです。
近年、歯に対する意識が高まり、衛生面だけでなく美容面でも歯に気を配る人が増えています。
それでも、歯周病を食い止めることができていないのが現状です。
まずは、この病気の原因と、進行するにまかせた場合どうなってしまうのか、考えてみましょう。

原因
・直接的な原因は、歯垢(プラーク)の中にいる「歯周病菌」であり、歯周病は細菌感染による病気です。
この歯垢(プラーク)は、誰の口の中にも存在していますので、治療をしても正しいケアが出来ていなければ容易に再発します。
・ブラッシングの習慣がない、喫煙している、ストレスを抱えている、というのも歯周病にかかりやすくなる環境的原因です。
・遺伝、糖尿病、白血球の異常、というのも歯周病を深刻化させる身体的原因です。

歯周病が及ぼす影響
「狭心症、心筋梗塞」
・歯周病菌が刺激となって血管内に出来た脂肪性のプラークが、血流を阻害したり血管を詰まらせる原因になります。
「糖尿病」
・炎症を起こした歯肉から血管内に侵入した歯周病菌が死骸となり、残った内毒素(細胞壁に含まれる毒物)がインスリンの作用を阻害します。
「誤嚥(ごえん)性肺炎」
・誤って食べ物と歯周病菌が気管内に入ってしまう時、むせるとそれが肺に到達し肺炎になります。
この誤嚥性肺炎の原因は、多くが歯周病菌と言われています。

TOPへ戻る